RSS

投稿者アーカイブ

オリックス銀行カードローンの融資額について

オリックス銀行カードローンの融資限度額は800万円です。また、オリックス銀行カードローンはコースが100万円単位で分かれています。 続きを読む

モビットの店舗について

モビットは三井住友グループが行っているキャッシングサービスです。しかしモビット自体は店舗を持たずに、モビットとしての窓口があります。 続きを読む

敷金礼金をカードローンで借りることは出来る?

引っ越しをする時に悩みの種になるのが「敷金礼金」ですよね。引っ越し費用にプラスして多額の費用が必要になる敷金礼金ですが、工面するためにカードローンを利用することはできるのでしょうか? 続きを読む

三菱東京UFJ銀行カードローンの融資額

三菱東京UFJ銀行カードローンの融資額は、10~500万円なので、それほど高くはありません。しかし、銀行ならではの安心の低金利で、年4.6%~年14.6%となっています。最高500万円まで融資してくれるので、普通にキャッシングするには十分な額でしょう。三菱東京UFJ銀行カードローンの融資額は、それほど大きな額ではありませんが、ネットで24時間申込むことができ、最短即日でカードを発行してくれるので、便利なカードローンであることは確かです。希望すれば、審査により、限度額の増額申請も可能です。三菱東京UFJ銀行カードローンは、全国にある当行ATMや提携コンビニATMで借入可能となっています。ATM利用手数料も無料で、時間外利用手数料はいりません。資金使途も自由なので、ニーズに合わせて利用できます。また、利用限度額の範囲内であれば、1,000円単位での借入も可能です。三菱東京UFJ銀行カードローンの融資額は、他行と比較すると高いとは言えませんが、それ以上のメリットがあるので、利用してみる価値はあるでしょう。ATMコーナーに設置されているテレビ窓口を利用すれば、その場でカードを発行してくれます。

プロミスのATM

プロミスでは、プロミス自体のATMを使う以外にも利用できるATMが色々用意されています。三井住友銀行なら、提携ATM手数料がいつでも無料なので気軽に使えて便利です。コンビニの場合、イーネット、ローソンATM、セブン銀行が利用できます。イーネットは、ファミリーマート、ミニストップ、スリーエフ、コミュニティストア、デイリーヤマザキ、生活彩家、セーブオン、ポプラ、セイコーマートなどで利用可能です。ほとんどのコンビニで使える感じなのでプロミスは便利ですね。提携ATMの利用料は、1万円以下なら借り入れも返済も108円、1万円超の場合は216円の手数料がかかります。プロミスのATMは、公式ホームページから検索することも可能です。急にお金が必要になって慌てて新規で借り入れの申し込みすると、意外と自分の近所に気軽に使えるATMが無かったりするものです。意外と使ってみると、不便なことがありますから、プロミスのATMが自分の行動範囲内にあるのかチェックしてみましょう。とは言え、プロミスはプロミス自体のATMも提携ATMも豊富に揃っているので多くの方が近くに返済できるATMがあると思いますよ。

キャッシング限度額

キャッシング限度額は、各業者によって異なりますが、厳正な審査に基づき、決められます。キャッシング限度額は多いに越したことはないのですが、調子にのってめいっぱい借りてはいけません。そうすると後で返済に窮することがよくあります。キャッシング限度額は、その額まで自由に使っていいことなのですが、計画的な利用が求められます。その額に達した時点で、使用不能になります。もちろん、限度額の支払いが終われば、再び使用することはできます。キャッシング限度額で気になるのは、どうすれば、限度額を上げることができるかです。一般的に、限度額は申請によって上げることが可能です。ただ、申請したからといって必ず上がるわけではありません。会社に電話して限度額を上げてもらうこともできますが、その際、審査が必要になります。基本的に、キャッシング限度額は、勝手に上がる仕組みになっています。クレジットカード会社は、できるだけ沢山利用してもらいたいので、利用実績がよく、きちんと返済できていれば、黙っていてもキャッシング限度額を上げてくれます。

アイフルの融資額

アイフルでお金を借りる場合、融資額はどれ位になるものなんでしょうか。アイフルは消費者金融なので、貸金業法で定められた以上の金額を融資してもらうことはできません。貸金業法で定められている金額は、借り入れの総額が収入の1/3までです。もし、他社から借入しているのであれば、他社借り入れも合わせて計算されます。ただ、新規で取引する場合は、アイフルもしっかり返済してもらえるか分からないので年収の1/3以下であっても希望額の融資が受けられるとは限りません。借りる側が滞りなく返済を積み重ねていけば貸してもらえる金額が途中から増額してもらえる場合もあります。また、貸金業法で1社から50万円以上、複数社から100万円以上の融資を受ける場合には収入証明書類が必要になります。消費者金融の審査は、最初はコンピューターによるものですが、コンピューターの審査に通ったら、次は担当者が直接、審査をすることになります。担当者によってとかタイミングによっても融資額というのは多少、変化があるので一概にいくら借りられるとは言い切れません。