RSS

カードローン審査基準で重要なポイント

カードローン審査基準で一番重要なポイントは、属性といわれるものと、信用情報が重視されます。
属性といわれるものの審査では、カードローンの審査においては、申し込み者の年齢、収入、職業、勤務期間、家族構成、居住期間など、さまざまな属性が評価されます。

この属性のチェック項目は実に多岐にわたります。例えば家が賃貸か持ち家か、あるいは固定電話を引いているかといったことまでチェックするといわれています。親の名義でもいいので持ち家に住み、固定電話を引いて携帯電話も所有しているという状況であれば、借金を返済できるだけの経済力があるとして高く評価されることでしょう。しかし、最近では、若者世帯では固定電話がない世帯が増加したために、携帯の番号で審査が通過するケースも増えてきたようです。つぎに、信用情報の調査ですが、ローンを組んだりクレジットカードを作ったりすると、信用情報機関に信用取引の情報が記録されます。この情報は金融業者各社が共有しており、もし申し込み者に借金の踏み倒しなどの過去があればたちどころに分かるようになっていますkくぁら、もし過去にそのような事実があれば、すぐに拒否されてしまいます。
借金の支払いが遅れたり、借金を踏み倒したりしたことがあればもちろん問題視されますが、逆に信用取引の実績がまったくない場合にも怪しまれることがあります。
あとは、対面与信といわれる審査がある場合がありますが、インターネットがまだ普及していなかった頃には、対面与信ということも行われていました。簡単に言えば、申し込み者の見た目や物言いでその人の信頼性を判断していたのです。今となっては絶滅したようにも思える対面与信ですが、実は意外なところで生き延びていました。カードローンの無人契約機です。あの空間の様子はバックヤードでモニターに映し出されており、それをスタッフが逐一確認しているのです。
フクホーは即日融資とのクチコミや評判/フクホー審査必要書類